はじめに   お問い合わせ esky   English   Deutsch   Español
 
プロジェクトのプログラム(英語のみ)
演奏会(英語のみ)
展示会(英語のみ)
音楽祭(英語のみ)
オペラ(英語のみ)

W.A.モーツァルトとプラハ
モーツァルトのプラハ訪問(英語のみ)
モーツァルトのプラハの跡をつけて(英語のみ)
プラハと関係するモーツァルトの作品(英語のみ)

お知らせ(英語のみ)
モーツァルトの作品(英語のみ)
ダウンロード(英語のみ)
プレスリリース(英語のみ)
チケット
Project partner
 



 

後援
チェコ共和国大統領
ヴァーツラフ・クラウス氏

後援
プラハ市長
パヴェル・ベーム氏

全文化の世界が2006年にW.A.モーツァルトの生誕 250周年を祝う。彼の音楽も生涯もプラハと不可分な関係にあり、その人生の中で
プラハが例外的な役割を果たしたというその証は、「我が楽団はプラハにある」という、彼自身の発言にもある。生誕250周年を記念するために、モーツァルト・プラハ   2006プロジェクトの開催準備が進められている。そして、各々の主催者が催す様々な文化的なイベントの他、文化的にも社会的にも全くユニークなプロジェクト等も行われる。 2006 年の

モーツァルトはクラシックの音楽家はもちろん、モダンな音楽家にもなるのだ。作曲家の天才的な音楽は、顕著な内外のオーケストラやソリストの演奏によって蘇る。この厖大なプロジェクトのために合同した名を知られている文化機構や組織は、高い文化的、かつ専門的な水準を保証している。

モーツァルト・プラハ 2006プロジェクトの狙いは、モーツァルトの作品がこれから先、空しい象徴や幾つかの人気曲だけの表面的な知識にならないことだ。プラハは、W.A.モーツァルトとその音楽を、インスピレーションや友好、敬服等を込めた歓迎をしたのであった。18世紀末の演奏家達は、自分の芸術を彼の音楽に役立てたお陰で、自分達も観客と同じように豊かになった。2006年に、プラハの人々も観光客もプラハと何らかの関係があるモーツァルトの全ての作品を聴く機会があれば、その他の作品の見事な富貴の中を覗き見る事ができるだろう。演奏会、演劇、展示会やその他のイベントという首尾一貫したプロジェクトにより、プラハも他のヨーロッパ都市と一緒になって、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの生誕250周年とその世界への遺産を記念して祝う。



 
BVA  インターナショナル
プラハ市
チェコ・フィルハーモニー交響楽団
チェコ・ラジオ放送局
プラハ・バーレンライター出版
ベルトラムカ、W.A.モーツァルト記
念館
オペラ・モーツァルト
プラハ音楽祭
プラハ室内管弦楽団
チェコ・ラジオ放送局交響楽団
プラハ交響楽団
「プラハの春」音楽祭
プラハ国立オペラ
市民会館
チェコ国立図書館
国立博物館
国民劇場
弦楽の
 
     
© BVA International 2005